マレーシア 夜遊び事情

マレーシアでの夜遊び事情

観光客にとっては、普通に夜の街を歩くだけでも存分に楽しめてしまう国、マレーシア。南国の穏やかな気候にも後押しされ、ペナンやランカウイのようなリゾート地であれば尚更開放感を味わえます。バーやレストラン等の飲食店から、あらゆるエンターテイメント、女性が接客してくれるシステムのお店、裸の付き合いをするお店、様々なお店があります。日本には無いタイプで観光客に人気なのは「SPA」と呼ばれるマッサージをして貰いながらフードや浴場を楽しめる施設や、「出合いカフェ」などがあります。「出会いカフェ」は日本のガールズバーやキャバクラと違い、援助目的の女性達が先にその場に居て、交渉をして女の子を買うというシステムです。

夜遊びとクアラルンプール

多民族の首都、クアラルンプールは、夜も沢山の人で毎晩賑わっています。調査を行っていると、東南アジアに行く日本人男性は、女性を楽しむ為に行く方が大変多い事がわかります。特にクアラルンプールでもブキビンタン周辺はこの街一の歓楽街といわれ、jlnスルタンイスマイルやjlnラジャチュランなどの通りは深夜を回っても尚賑わいをみせます。実際に現地でのトラブル、男女関連の調査依頼の出処になる場所はこういった場所が圧倒的に多く、情報収集の為に立ち入ることも多くなります。

マレーシアの性風俗

クアラルンプールのブキビンタンエリアをはじめ、ペナンのBukit Mertajamは風俗街、コタ・キナバルのビバリーヒルなど、この国は非常に風俗産業が盛んな街が多いのが特徴的です。女性の質も高いながら、日本よりも破格で楽しむことが出来る場所も多いようです。治安が安定し、ボッタクリなどの例は殆どありませんが、それでも油断は禁物。感染症や、夜の街の観光客を狙ったスリやひったくりなど、開放感に身を委ね過ぎないことを、海外専門の調査員としては肝に銘じて頂くよう助言させて頂きたいところです。

無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ

  • 無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ
  • 無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ