マレーシア 企業調査

マレーシア・企業調査

長引く円高や国内経済全体の不安が懸念される中、海外企業への出資をはじめとした海外進出を行う日系企業が目立ちはじめています。マレーシアは、日本からの2011年の製造業分野への外国直接投資においてトップになるなど、我が国からも非常に関心が寄せられています。2012年度末の時点でこの国に進出する日本企業は、クアラルンプールやジョホールバルを中心に1383社。これだけでもマレーシアがいかに移転先として魅力的か、お分かり頂けるでしょう。今後もマレーシアの企業、駐在員の数は増加の一途を辿ると目論んでいます。企業が取引を行う相手に対しても慎重な調査が要求されることから、マレーシアの企業調査の依頼も増えています。

対象となる企業と代表者のリサーチ

マレーシアで企業調査を行う場合、日本での企業調査と同様に、対象となり企業の資産、収支状況に加え、代表者の行動のリサーチなどを行うのが主な業務内容です。マレーシア人は性格や気質、金銭感覚などが日本人と全く異なります。それだけに、互いに常識範囲内でビジネスをやっているつもりでも、相手企業、会社内でも意見がぶつかってしまうことは良くある事です。この国での取引対象に考えている企業の事はもちろん、人々の給与に対しての感覚、現地のビジネスマナーに関して知っておくことはとても大切です。数多くのマレーシア現地の企業関連のトラブルに対処してきた当社は、今後マレーシア進出を考える企業様に対しても積極的にアドバイスを行っています。

ビジネスであり慎重さが要求される

数多くの調査依頼の中でも、企業調査というものは非常に難易度が高く、海外での企業調査が失敗したという他社の例も良く耳にします。しかし、日本国内での経験やノウハウをマレーシアでの調査にそのまま生かし、現地の企業との連携した調査も行う事が出来る当社だからこそ、確実な調査結果をクライアント様に提出出来ております。現在はマレーシア国内のセキュリティ事情も厳しく、個人情報を得ることは以前より難しくなっておりますが、それでも一度もマレーシアでの企業調査に失敗することなく確実な調査実績を収めているのは、この国のあらゆる習慣や文化に対する絶大な精通力と1つ1つの仕事に対するプロ探偵社としての熱意といえるでしょう。マレーシアの企業調査はトラストジャパンにお任せ下さい。


無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ

  • 無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ
  • 無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ