ペナン島 調査

南国のリゾート地、ペナン島での調査を行なっています。

マレーシアの首都クアラルンプールから北西に約350キロ離れた位置にある南国の楽園、ペナン島。人口は70万人ほどで、華僑系の民族が占める割合が高くなっています。18世紀までイギリスの植民地とされていたこの島は、現在はその情緒溢れるコロニアル調の建物をはじめとする街全体が世界遺産として登録されており、リゾートはもちろん、街の観光にも毎年数多くの人が訪れます。近年トラストジャパンには、日本人の不倫カップル同士でペナン島に旅行をする例などが頻繁に報告されています。東南アジアには数多くのリゾート系の島がありますが、このペナン島は、当社でも調査実績が多い事から、マレーシアの中でも警戒を強めているエリアです。

日本人にも馴染みやすいエリア

日本人観光客が多いイメージがありますが、実際には駐在員も多く、現在は2000人以上の駐在員がいると言われているペナン島。日系企業も現在は150社以上あると言われています。中心街、ジョージタウンには、GAMAをはじめとする邦人向けのマーケットも多く、日本の影響を感じられる場所をところどころ見受けられます。クアラルンプールのモントキアラのように目立った日本人街は無いものの、チャイナ・タウン周辺は日系人も多く、Lebuh Cintra通り周辺で情報収集を行うこともあります。交通は原付きが大変多く、調査の際は当社も原付きで現地人を装って追跡を行うこともあります。

ペナン島で質の高い調査を実施!

中国系の民族を中心に、マレー系やインド系と、様々な民族が暮らすペナン島。それぞれの民族によって文化や風習が異なる為、それぞれの民族の習慣を熟知し、それに伴った調査を行う必要があります。マレーシア本土と同様イスラム色が強く、当然ムスリムに対する理解も必要です。また、コンドミニアム分譲地帯では、観光客の盗難やひったくりの被害も報告されており、比較的治安は安全と言われているペナン島といえども、注意しなければならない点は多々あります。広くペナンの文化、しきたりに精通し、ペナン島全域の交通網もしっかり把握しているトラストジャパンだからこそ、ペナン島で質の高い調査を行うことが出来るのです。

無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ

  • 無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ
  • 無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ