コタキナバル 調査

東マレーシア最大の都市、コタキナバル調査

コタキナバルは、人口が47万人の東マレーシアでは最大の都市です。現在はサバ州の政治経済の中心地であり、キナバル自然公園やマリンリゾートの玄関口です。航空や鉄道、バスのインフラも進んでおり、多くの観光客が訪れる都市としても知られています。また、観光業をはじめとする多くのサービス業を展開しており、企業の開発も進められています。これに伴い、日系企業の進出は増加し、観光で訪れる日本人も増えております。当然、トラブルが生まれ、既にコタキナバル現地で調査実績があります。

世界遺産がある街、コタキナバル全域に精通

観光地として名高いコタキナバル。世界的にも有名な公園とされるキナバル国立公園、登山家のメッカキナバル国立公園、ジャングルやキャンプを楽しめるクロッカー山脈国立公園、シグナルヒル展望台など、アウトドア好きの為の街という印象が強いかも知れませんが、毎週日曜日に開催されるサンデーマーケットなど、地域密着の観光が出来るところも見どころです。この街でも既にあらゆる調査実績を残していますが、アウトドア要素が強いことから、行方不明者の人探し調査依頼などもあります。広いこの街の人探し調査は、何らかの災害に巻き込まれた可能性なども踏まえながら調査を行っていかなければなりません。この為、時には現地の企業と連携しながら調査を進めます。こういったコタキナバルとの繋がりとコネクションがこれまでのコタキナバルでの調査成功に繋がっています。

コタキナバル関連のトラブルはトラストジャパンにご相談下さい

親日家が多いことで知られるマレーシアですが、ここ、東シナ海を一望出来るボルネオ島のコタキナバルも例外ではありません。調査を実際に行っている段階でも、親切な人が多く、ねぎらいの言葉、親切な態度で接してくれる方も多いです。しかし、その外国人に対する親切心を装い、賭博詐欺でお金を巻き上げたり、ウォーターフロントやスリ・セレラ周辺では置き引きなどの被害情報も度々耳にします。自分や関係者がコタキナバルで何かトラブルにしまってないか。そんな悩みがあれば是非ご相談下さい。もちろん、浮気調査や身辺調査、企業に関する調査なども、コタキナバル全域で徹底的に行うことを可能としております。

無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ

  • 無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ
  • 無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ