マレーシア調査の特徴

島全域で調査を行うことが出来るのが、トラストジャパン

島の数は25000以上ある、この国全域で調査を行っているトラストジャパン。日本人にも大人気のペナン島、ランカウイ島などの観光名所は勿論ですが、それ以外の全ての島の調査を行うことが出来るのが特徴です。実際に、日本では名前の知られていない島でも、行方不明者や所在不明者を発見し、身辺調査や情報収集の為に島のあちらこちらを移動することもあります。一つ一つの島への精通力はもちろん、それぞれの島に住む民族の宗教、習慣なども理解しておく必要があります。現地の文化について、いかに精通しているかが質の高い調査結果の提出に結びつくのです。


日本人も多いマレーシア

クアラルンプール、ペナンをはじめ、コタキナバル、ジョホールバルなどにも日本人は増えてきております。国全体の経済発展や時代のグローバル化、日系企業のマレーシア進出、円安など様々な原因が考えられますが、日本人の増加に伴い、邦人と現地人のトラブルに関する調査依頼は今後も増えてくるものと見ております。特に首都クアラルンプールでは、モントキアラの日本人密集地「Japanese Village」、日系駐在員が多く暮らす郊外の地域タマンデサ地区、大手日系企業の関係者が暮らす高級住宅街バンサーなどは情報収集や身辺調査などでも頻繁に訪れるエリアです。

マレーシアの交通と宗教が鍵

イスラム教を中心に、宗教色がこの国では大変強いこと、そして、クアラルンプールを中心に交通渋滞が大変多い事がこのマレーシアという国で調査を行う上で感じることで、それぞれに対して深い理解をし、臨機応変に対応することが、円滑な調査を行う鍵ではないかと感じております。代表的な例を挙げれば、金曜日の午後13時から15時は、街中のムスリムがサラー(礼拝)の為にモスクへ向かうこと。主要都市では大渋滞が起こりますが、こういった現地人の習慣を理解しながら、綿密な調査計画を立て、この国でも調査を行っています。浮気調査、身辺調査、企業調査から人探しまで、マレーシアに関する調査はトラストジャパンにお任せ下さい。

無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ

  • 無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ
  • 無料通話アプリ・メールフォームからのお問合せ